個人でお金を貸す人っていざの時が大変

個人でお金を貸す人っていざの時が大変

個人でお金を貸す人っていざの時が大変

個人間融資は正にブラックの方、多重債務の方にとっては万歳と言える程の便利な融資サービスだと言えます。

 

しかし借りる側もリスクはあると言えどやはりここは貸す側の方が凄くリスクがあると言えます。

 

何故かというと結局先にお金を出すのは貸す側となるからです。

 

よって借りる側は借りた後から法外な請求されようと被害者面して訴えたりされたらアウト

 

お金を貸した側にまず勝ち目はありません。

 

貸す側は少しでも違法性がある取引だと訴えられれば終わりなんですよね。

 

よって借りる人より貸す側の方が実は凄く勇気が要ったりするものかもしれません。

 

又はお金を借りたまま失踪する人もいるのでなお更です。

 

貸した側が責任を問い詰めたくても個人間での融資は基本、自己責任とされていますので
事件沙汰にしたくてもなかなか出来ない場合もあります。

 

もしくは被害届けを出した所ですぐに見つかるようなものでもありませんからね。

 

違法業者ならばあの手この手を使って闇金まがいな追跡も可能だと思いますけれど
個人だった場合は泣きを見るのみであったりするんです。

 

よって個人間融資では借りる人より貸す側の人の方がリスクが高いと言えるので
個人の人が下手に見知らぬ人へお金を貸す事はあまりオススメしません。

 

お互いに信頼関係が見込めない限り
安易に取引する事は望ましくありません事をここにを忠告しておきます。


※当サイトはアフィリエイトプログラムによってサービスをご紹介しております。 従いましてご紹介しておりますサービスは、当サイトが直接ご提供するわけではございません。 掲載情報をご利用いただく場合、お客様の責任においてご利用いただきますよう願いいたします。 当サイトでは一切の責任を負いかねますので、ご容赦ください。
ホーム RSS購読 サイトマップ